糸満・八重瀬・与那原・南風原・南城の賃貸経営講座(大家検定)講師 當間幸治 
Blog

アパマン雑談

「マイナンバー制度が始まります」

10月から「マイナンバー」の通知が始まります。賃貸オーナーにとっての影響はどうなのでしょうか。 マイナンバーというのは、国民一人ひとりが持つ12桁の番号のことです。この番号は、今年の10月から、住民票を持っている全ての人に、1人1つのマイナンバー(個人番号)が通知されます。そのときは、番号が書かれた紙製の「通知カード」が簡易書留で送られてくるようです。この共通番号制度という考えは、1970年の佐藤栄作内閣の頃からあったようですね。色々と反対もあり実現しなかったようですが、2年前の平成25年5月に法案が成立して、来年の1月からスタートする制度です。

沖縄の繁忙期前にやっておきたい空き室対策~募集条件を決める判断基準

繁忙期前になり、空き室対策の募集条件、またその判断基準について考えてみたいと思います。 沖縄でもここ最近の新築の供給増により、地域によって賃貸物件がだぶついているエリア(特に糸満市、与那原町、南城市・・)が出てきた気がします。 空室を埋める作業は、まず入居者さんからの退去連絡から始まります。ここから、新しい借主さんが決まって家賃発生するまでを「できるだけ短くする」ようにコントロールします。つぎの募集条件を決めるのに2日~ 3日を費やすのは時間のロスになりますから、速やかに決める必要があります。だからと言って「エイヤッ」と決めるのではなく慎重に検討して決断します。「速やかに慎重に」です。

建築建材展・セキュリティショーin 東京ビッグサイト

みなさま、こんにちは。編集長の當間です。3月3日~4日に「建築建材展・セキュリティショーin 東京ビッグサイト」へ建物の建築設備の視察に行ってきました。 LED照明は、普及が一気に進み、一服感がありますが、その中でもセキ …

宅地建物取引主任者資格の必要性

1月に大家さんの勉強会がありました。その中で、不動産管理会社不要論が一部ありました。業界で働いている人間としては、アパート管理の煩雑な業務を理解しているので、残念でしたが、質の低い管理サービス?を受けている大家さんは、現 …

中国高級不動産の見学!

もう5年前になりますが、中国深セン市(人口約700万)の郊外の高級不動産を友人と見に行く機会がありました。大学時代に家賃3.5万円の木造長屋(築30年)をルームシェアしていた親友なので、これまで中国に行く機会は多く、中国 …

宅建取引士資格試験に挑戦する方へ!

今年、宅地建物取引士を受験する方向けに。 ぜひ、不動産従事者は宅建は取得しましょう。沖縄の不動産会社に従事する方で宅建持っていない方が以外に多いとのこと。私なりのアドバイスです。ゴールデンウィークで計画つくりましょう。○ …

« 1 2 3 4 5 »

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、Blog更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © トーマ不動産(株) All Rights Reserved.