みなさま、こんにちは!
レキオ・ウイングの編集長です!
ブログ書くのもおろそかにしていたこの頃です。
というのも、12月初旬から不動産業の
 ・新店舗の改装&備品設置
 ・本店移転登記、宅建業免許の書き換え交付申請
 ・各種銀行等の事務手続き
 ・運営体制の構築準備(打ち合わせ多数)
1日24時間あるはずなのですが、とにかく時間が足りないと体感して、走り回っていた約40日間でした。
タイトルの「起業を経験しての最初の感想は?」一人で起業したのもあるのですが、営業活動より事務や雑用といった作業が多く、時間がないため経営者として「事業領域の明確化」が大切だと痛感しました。
起業するため会社設立も一人で手続きし、会社法や社会保険・労働諸法、税務などもその都度、学び、役所への各種届なども経験したので、二度と忘れることはないと思います(笑) 
これが、慣れないうちは大変だった気がします。
あと、個人事業よりも法人設立は、法人税や登記費用等で初期の段階では費用面、事務作業面での負担感を感じます。
また、給与支払いの際の源泉徴収の事務手続きなどもです。
起業は、こうした事務作業をスピーディーに終えて、本来の「商品開発」や「お客様へのサービス活動」に注力することが大切だと感じたこのごろでした。
※編集長は、起業家を応援しておりますので、起業をお考えの方がおりましたら、気軽に声をかけてください!!すこしは、アドバイスできると思います!