映画「オーストラリア」を鑑賞して、なつかしく思いました。  2005年12月末に友人とオーストラリアを旅した時の懐かしい写真をアップします。  たまたま、友人と2名で「オーストラリアドライブ」に行ってきたときの思い出話です。  2005年のクリスマスでしたが、日本のクリスマスを味わいたくない?2名は、ふとしたきっかけからオーストラリアへ。  チャイナエアライン(中華航空)にて、那覇空港→台北→シドニー(約9時間)  空港到着後、友人セキュリティーにひっかかり、別室へ(当時、中東情勢の緊迫により、シリア系の人たちがシドニーでデモを行い、車両50台を焼くなど大規模な暴動に発展したとその時、知りました。)    友人は、シリア人に酷似しているとのことで、別室へ連れて行かれ、彼は30分くらい弁明していました(>_<)  シドニー空港の外に出ることができ、空を見上げると12月なのにギラギラの真夏。「さすが、南半球」と感動!(^o^)v  早速、レンタカー屋さんにて、安心の「日産車」を借りて、観光巡りへ・・・  すると、1時間後、シドニー郊外で車がエンスト・・・・(^^;)困ります””  近くの南アフリカ人の家に訪問し、事情を説明(クリスマスのため、営業受付してくれないことや、難しい交渉が予想されたので)し、代わりに交渉してくれることを交渉し、無事車両を交換(フォード「サンタナ」)。  オーストラリアでの人々の温かさに感謝しつつ、そのまま、1000km離れた南半球憧れの「メルボルン」へ向かいました。  その時の思い出の写真です。 左から、   ・メルボルン博物館(メルボルン市内の建築はイギリス風で、白人多し、市内近郊には男性には嬉しいトップレスビーチもあり)   ・ハイウェイを走行中、車両トラブル?!(とても、悩んでいます!!!!)   ・シドニーからメルボルン(約1,000Km)へ移動 中、ちょっと休憩(本当にハエに悩まされた・・・) になります。