私の尊敬する一人である安藤氏の良い言葉があるので紹介したいと思います。
一流と呼ばれている人達(スポーツ、ビジネス等)にしても、物事の本質を付く視点が参考になります。
安藤忠雄(建築家)
「仕事と人生」~抜粋~
車の運転でもそうですが、
ノロノロ運転していたら
眠くなってぶつかりますけど、
時速150キロで走っていれば
居眠り運転なんかしないでしょう。
これは大企業でも、
25人ほどの私の事務所でも同じで、
リーダーは目標を明確にして、
それに向けて可能な限り全力疾走していれば、
緊張感があるからそんなに失敗しないと思うんです。
やっぱり居眠りができるような
中途半端な走り方では駄目です。
時速60キロ程度では油断が生まれます。
120キロとか150キロとかの、
どう見てもスピードオーバーであるという速度で走るべきです。
ぶつかったら終わる、と
周りは忠告するかもしれませんが、
突出するから必死な姿が見えます。
よい仕事をするぞ、責任ある仕事をするぞ、と決心して
本気で前を行くリーダーにこそ
人はついていくものです。
特に若い人には、本気で仕事をするとは
どういうことかを体感するためにも、
全力疾走するリーダーになれと
僕は言いたいですね。