糸満・八重瀬・与那原・南風原・南城の賃貸経営講座(大家検定)講師 當間幸治 

Blog

賃貸仲介の繁忙期感じたこと

建築費の上昇により、新築物件の家賃が強気に設定されている傾向がありますが、それでも那覇市内のモノレール沿線を中心に需要が強い地域では引き合いが強かった印象があります。 土地・建築費の上昇により、事業収支を合わせるために戸数を多くする1R単身者向けは、立地が悪い場所では空き室が目立ち苦戦している印象。

大家さんのための 節税ガイド~法人化の考え方~

「経営規模によっては法人化にメリット」 賃貸経営において、個人経営と法人経営とではどちらにもメリット・デメリットがあります。経営規模、所得額、家族構成など様々なことをトータルに考えて選択する必要があります。 賃貸経営の法人化には大きく分けて2つの種類があります。「不動産管理会社」と「不動産所有会社」です。「不動産管理会社」は、ご存知の通り、賃貸住宅の管理を仕事とする会社です

2018年 営業開始のお知らせ

日頃よりお世話になっております、トーマ不動産 講師の當間です。 来年も、より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。 〔年末年始休業期間〕 12月29日(金) …

賃貸借の法律Q&A「雨漏れ」 

大家さんのAさんは経営するアパートで借主のBさんから天井から雨漏りがあるので修理して欲しいと依頼されましたが、しばらく放置していました。その結果、室内にはカビが大量発生し、バッグなどの革製品にカビが生えて破損してしまいました。そして、Bさんから損害賠償を請求されることに。このような個人の持ち物までも賠償しなくてはならないのでしょうか?

沖縄の自主管理大家さん案内術

こんにちは、豊見城市名嘉地のトーマ不動産 當間です。 「空室を埋めるためには」 疑問はその場で解決を! 空室を埋めるためには、まず、できるだけ多くの人に物件情報を見てもらい、魅力を知ってもらうことが大切です。ですが、それと同じくらい大切なのが、内見に来てくれたお客さんに「ここに住みたい」と思ってもらうことでしょう。これができなければ、入居してもらうことはできません。

大家さんのためのサブリース契約 

サブリース契約でありがちなトラブル 「安心の30年一括借り上げ」の落とし穴 不動産オーナーがサブリース契約を巡ってトラブルに巻き込まれる事例が後を絶ちません。 サブリース契約とは、不動産会社がオーナーから賃貸物件を一括で借り上げ、入居者に転貸する仕組みのことです。これによってオーナーは物件に入居者が住んでいない時期であっても、一定の家賃収入が保証されます。 事例についてお話をする前に、サブリースの仕組みについておさらいをしましょう。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、Blog更新をメールで受信できます。

友だち追加

PAGETOP
Copyright © トーマ不動産(株) All Rights Reserved.