糸満市の不動産講座(大家検定)講師 當間幸治 トーマ不動産(株)
Blog

読書

書評 プロフェッショナル シンキング

常識や慣例にとらわれていると、本来の課題や目的を見失う「思考逃避」に陥ることがある。日々、「何が課題なのか」「どうすればよいのか」を考えることが大切だ。 物事の本質や大局を見て、今起きていることからある程度先の未来を予測 …

書評  仕事の悩みを自信に変えるドラッカーの言葉

「(組織や社会に対して)貢献している」「何かの役に立っている」と感じている人は、メンタルヘルスの状態が良い。部下が上司の成果を上げることに焦点を当てて支援してこそ、部下自身も働きやすくなり成果を出せる。企業内で異なる文化 …

書評 会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン

Amazon 自分や他者の心理状態や状況に気づいているという「気づき」と、自分や人のあるがままの状況を受け入れる「受容性」が高いタイプの人はストレスに強い。「気づき」も「受容性」も、「今ここにあること」に集中するマインド …

書評 世界のエリートが今一番入りたい大学ミネルバ

Amazon   ミネルバ大学は既存の大学の悪習を打破し、学生の学びを一番に考え、「高等教育の再創造」をめざす。ミネルバ大学には講義形式の授業はない。そのかわりに学生主体のセミナー式授業でインプットを、学外団体と連携して …

書評 科学的な適職

Amazon   人生において、仕事は大きな割合を占める。コーネル大学の調査で1500人の老人に「人生で最も後悔したことは?」と尋ねたところ、一番多かったのが「なぜもっと良い仕事を探さなかったのだろう」という未練の言葉だ …

会社にお金を残す経営の話

Amazon   利益が増えても会社のお金が増えるとは限らない。お金が増えるように利益を増やすことが大切だ。利益を伸ばすカギは限界利益にある。利益は限界利益と固定費のバランスで決まる。売上は単価×数量×頻度で表せる。単価 …

「値づけ」の思考法 買いたくなる価格には必ず理由がある

Amazon 競争力の高いユニクロなどの企業では、まず消費者にとって「値ごろ感」のある価格を決め、それでも利益が出るように原価を逆算し、その範囲内で商品を作っている。販売をあえて限定することで購買までのハードルを高め、消 …

書評 SELFISH(セルフィッシュ) 真の「自分本位」を知れば、人生のあらゆる成功が手に入る

Amazon 「セルフィッシュ」な人とは、主体的な選択をしている人だ。セルフィッシュになるほど自分を満たすことができ、他人に対しても寛大になれる。そして、自分が欲しいものを手に入れることもできるようになる。過去でも未来で …

書評 経営参謀としての士業戦略 AI時代に求められる仕事

Amazon 技術進歩によって単純作業が自動化されていくなかで、士業は顧客との関わり方を「作業者」から「参謀」へと変化させる必要がある。「自動化されやすい業務」については、効率化と低コスト化を行い、相場が下がっても利益が …

書評 学びを結果に変える アウトプット大全

Amazon 読書などでいくらインプットしても、アウトプットしなければ記憶として定着することはない。「自己成長」はアウトプットの量にこそ比例する。アウトプットが苦手な人は、まずは「話す」ことから始めよう。読んだこと、聞い …

3年で「経理のプロ」になる実践PDCA

Amazon 経理社員には事務処理だけでなく「経理のプロ」として提案力を身につけていくことが求められている。「経理のプロ」として企業活動を支援するとき、求められる能力が、効率仕事力、計数管理力、財務提案力、経営貢献力であ …

書評 時間革命 1秒もムダに生きるな

Amazon 時間には「自分時間」と「他人時間」の2種類がある。自分時間を増やして他人時間を減らすことで、人生の質は高まる。悩むことが自分の人生の時間を削っていく。プライドや自意識に邪魔されることなく、自分が本当にやりた …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © トーマ不動産株式会社 All Rights Reserved.